FC2ブログ

 
CFNM体験談まとめブログ

CFNM体験談まとめブログ

ハプニングなどで、ちんちん見ちゃった女の子の体験談を集めました
 
 
カテゴリ
オススメ
おすすめ情報
無料出会い系

お願いすれば、下着写メ、

オッパイ写メ、お○んこ

無修正の写メとかも...

タダで素人の

無修正エロ写メをゲットする方法!


⇒ 無料検証済み

写メ交換して恥ずかしい写真をGET!
お気に入りのおっぱい写メコレクションの中から可愛い娘をセフレにしちゃいました!



無料出会い系

いつも訪問ありがとうございます!

下記の情報を無料でプレゼント

させていただきます。

素人を落とし、セフレ化する方法

⇒ 無料でGETする
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


当ブログは過去に掲示板などのネット上で見つけた
CFNM体験を紹介するブログです。
未成年者には相応しくない内容も含まれておりますのでご注意ください。
当ブログは著作権の侵害を目的とするものではありません。
掲載されている内容や著作権に関して問題がありましたら御連絡下さい。
速やかに対処致します。
また、よろしければオススメの体験談をお送りください。
(ブログで紹介させていただく場合があります。)
CFNM体験
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アダルト
4286位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
2chまとめブログ
147位
アクセスランキングを見る>>
QRコード
QR
ブログランキング

FC2Blog Ranking








エログ-(エログランキング)

↑新たなCFNM画像、CFNM動画などが見つかるかも?!
アクセスありがとうございます!


このエントリーをはてなブックマークに追加
スタンプマニア
 日常ではありえない出会いを求める女性多数。  18歳未満は立ち入り禁止
Hな私を見て欲しいです。こんなの、こういうところじゃないと言えないっていうか…。 この前ね。包茎の人とエッチしたんだけど。 すごい可愛かったよ。 包茎チンポ大好きになちゃった。 セフレ欲しくて登録しちゃった。お友達から関係をスタートしてもいいので、いましたら連絡下さい。 私包茎の人が好みだったりするから、包茎の人が居たら即ホテルとか問題なかったら行きたいです♪

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
web拍手 by FC2

「尿失禁する感覚ってどんなのだろう?」 

ED治療クリニックED治療クリニックED治療クリニックED治療クリニック
ED治療クリニック 本物治療院 森泌尿器科


25歳ごろの夏、それまでも泌尿器科に通っていた関係からか、やや過剰の好奇心があり、
「尿失禁する感覚ってどんなのだろう?」とか馬鹿な事を考えてしまい、
細いビニールチューブに6mmの樹脂玉(BB弾)を両端につけた物を尿道に入れてしまいました。
チューブの長さが20mmほどでしたので後端も陰茎内に完全に埋没します。

最初は自分の意志と関係なく出てくる尿に面白ささえ感じてました。
しかし、暫くすると、尿の出が悪くなり、更に暫くすると全く出なくなりました。






「あれ?」と思い尿道伝いに陰茎を探ってみると、さっきまで後端のあった位置に6mm玉の感触がありません。
どうやら尿道内の逆行して奥まで行ってしまった様です。

慌てて抜こうと思いましたが後端が何処にもありません。
搾り出しても出てきません。それどころか痛くて膀胱を空に出来なくさえなりました。

2日後、どうにも困って泌尿器科へ行きました。
まずチューブが何処にあるのかをレントゲンで確認します。
大きな病院なので放射線(レントゲン)科は別の部屋になります。
そこに行くまで放射線科に渡す紙を見てみたら「撮影部位:陰茎~下腹部」とありました。(恥)

自分の順番が来て部屋に入ると男性技師さんと若い女性の助手さんが居ました。
指示された通り下穿きだけの状態で撮影を行いましたが。

この時、腹部の圧迫が辛かったため生地の薄い紺色の良く伸びるトランクスを穿いていたで
光線の加減では中身が良く見えます。

女性の助手さんが丁寧に私の陰茎の先端を指先で確認してカメラのセッティングしてました。
(殆ど触らずに位置決めてたので、ひょっとしたらこの時点でハッキリ見えていたかも…)

数枚撮影後、技師さんが飛んできて、
「下履きに金属は付いてませんよね?」と言いながら下着を引っ張って表裏を確認してました。

ただでさえ半分透けてる下着だったので引っ張って光が入った事で
萎えてる息子がハッキリ見えてしまったと思います。

どうやら挿入した管の両端に付けた6mmが金属並の影を作っていた為、技師さんが勘違いしたようです。

撮影の結果、挿入した管は完全に膀胱内に入ってしまい、自然に排出する事は不可能で、
「切開するか内視鏡で除去するかしか無い。」と言われました。

また、内視鏡でも掴めないかもしれない事を言われ、頭の中が真っ白になりました。

とにかく内視鏡での除去を依頼しました。

内視鏡を受ける時は当然、下半身は一糸まとわぬ姿で行います。
さらに足を開いて検査用の椅子に座ります。
座ると電動で椅子ごと後ろに倒れ、足を置いていた足置きも更に大きく開きました。
状況が状況なだけに息子は極小状態になっています。

更にこの時バイパンにしていたので小学生並の物を技師さん助手さん看護婦さんの
3人に大股開きで見せてしまいます。

さすがにこれは恥ずかしい…

まず、麻酔薬のキシロカインゼリーを尿道に入れ、
亀頭の根元をクランプして15分ほど放置されました。
その間、丸出しのままじっと座ってます。

そしていよいよ内視鏡が入ります。
この時は目の前にカーテンが引かれ、下半身が見れなくなりました。
「入れまーす」と言われ構えてましたが、麻酔のお陰で全然痛くありませんでした。

しかし、膀胱の入り口付近で突き当たってしまいました。
力が入ってしまっているせいなのですが、力を抜くとおしっこが出ちゃいそうなのでなかなか力が抜けません。
技師さんが「おしっこ出しても良いから!」と言われたので安心して力を開放し、
やっと内視鏡が膀胱内まで到達しました。

そこからです!
も~内視鏡で膀胱を掻き回すように上へ下へ右へ左へ…
当然陰茎も凄く振り回されていた事と思います。
痛くはないのですが「そっちにはそれ以上曲がらないよ~」ってくらい大きく動かしてました。

そして、数十分後、なにやら引き抜き始めました。
技師さんは「離れるなよ~!出て来い!出て来い!」と言ってます。
どうやら挿入した管を掴めた様です。

私も「抜けてくれ!」という気持ちから、括約筋を精一杯緩めて抜きやすくしました。

「よし~!」と技師さんの声がしました。
その直後「あららら~」とまた技師さんの声。

息子付近に生暖かい感触…「ピチャピチャ」と床を叩く水の音…
麻酔で感覚が無く、更に括約筋を緩めてた関係で
今まで完全に出切らなかったおしっこを漏らしてしまったようです。

技師さんはカーテンをくぐり、何食わぬ顔で「取れましたよ♪」って言ってくれましたが、
「いい年して漏らしてるんじゃね-よ」って思っていたかも…
本人は漏らした感覚が半信半疑なので「取れてよかった~♪」

診察椅子から立って下着を付けようとした時にお尻が濡れていたので漏らした事を初めて自覚しました。


関連記事



このエントリーをはてなブックマークに追加
web拍手 by FC2

条件で探す
検索フォーム
体験談
人気記事ランキング
拍手数の多い記事の順番です
アクセスランキング
他サイトCFNM記事更新情報
LINK
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。